【本バレ】キングダム ネタバレ 576 10/18発売

【本バレ】キングダム ネタバレ 576 10/18発売

キングダム ネタバレ 576

将軍亜光を欠く朱海平原右翼。
兵糧の底も近づく中、
それでも抗戦する秦軍だが・・・



亜光が天幕の中で
包帯を巻かれ、寝ている。

ナレーション
朱海平原10日目終了

屍の海に
また夜が忍び寄る・・・

第576話 オウセンの下知



戦場に信が立ち尽くしている。

飛信隊兵
信、大丈夫かー!

それを遠目から堯雲が見ている。

ギョウウン
退くぞ。

趙兵
戻るぞぉー

尭雲の軍が退いていく。



趙我龍
行くぞ

趙兵
馬南慈様、
尭雲軍と趙我龍軍が下がります

馬南慈
フン、我らも退くぞ。
隣のガクエイ軍にも声をかけてやれ。



ナレーション
十日目の戦いは
大将亜光不在の秦軍が
むしろ善戦してみせた

玉鳳隊・飛信隊も
もちろん奮戦したが
それ以上に将が不在となった
亜光軍そのものが
大いに気を吐いたのだ



亜光という絶対的な士気の支柱を
現場は失い 一気に
瓦解する不安もあった
亜光軍であったが
揺らぐことなく
力強く十日目を
戦い抜いたところに
オウセン軍第一軍としての
誇りと底力が垣間見られた



場面が変わる
秦軍夜の野営

テン
だけど明日以降も同じように
いくとは正直思えないよ
たしかに今日の亜光軍の戦いは
立派だった
そこは涙が出そうだよ



テン
でも兵一人一人が無理をしているのは
間違いなし
将不在のままなんて戦い方が長く続くはずがない

敵も今日は
気を吐いた亜光軍の
様子を見た形になったけど
明日は本腰を入れてくるかもしれない

昨夜はもう
今日をしのぐことしか
考えられなかったけど
今晩はこれから
どうやって戦って活路を開くのかを・・・



オウホン
やかましいぞ
軍師もどき
お前が仕切るなと言ったはずだ

テン
じゃぁ一体誰が仕切るんだよ

オウホン・信・亜光軍
・・・
・・・



亜光兵
我々は
いついかなる状況に
陥ろうと士気を下げず
常に全力を出し切るよう
亜光様から
練兵されてきた

亜光様不在であろうと
明日以降も
同様に戦う
全兵士がそう思っている



亜光兵
だが、実際は明日は
飛信隊の軍師のいうように
今日ほどの強さは示せぬだろう・・・

亜光兵
亜光様不在という異常事態に
心揺らがぬ兵など一人もいない
いるはずがない

亜光兵
我々には、
この右翼には
新しい将が必要だ。

若君!
亜光様に代わり
この軍の
いや右翼全体の将となり
指揮を取って頂けませぬか!




なっ何でお前らもそうなんだよ
麻光軍といい
てか、いい加減お前たちの中にも
いるだろうが将校ってのは

亜光兵
今日までの戦いぶりを見ても
三年前のチョウヨウの戦い。
あの魏火龍との大戦でも
若君の作で
勝利に至ったことは伝わっている
それ以上の策士にして
将は我らの中には見つからぬ

亜光兵
それに左翼の将となった
モウテンとオウホン様とでは
我々にとっては
大きく意味が異なる



亜光兵
オウセン様の嫡男である
ホン様が我らの将を務めることが
どれほど心強いことか
どれほどうれしいことか
今のこの苦境を打破し
勝利に導けるのは
若君オウホン様だけです!

番陽が泣いている

オウホン
勝手に盛り上がるな
右の将交代は
大将オウセンが決めることだ



亜光兵
もちろんです
故にすでに
将をホン様に代える要請を
本営に送っています


なにぃ!勝手なことすんじゃねぇ!

関常
(いや、、お前は関係ない・・・)



亜光兵
返事はすぐに来ます
オウセン様より下知を頂かば
この右翼の大将を引き受けてくださいますな
若君!

オウホン
総大将の命令に従うまでだ!

亜光兵
ハ!よろしく
お願いいたします!



程なくして
オウセン中央軍から
直令がやってきた

伝令
オウセン様より
伝令です



将亜光不在の中
右翼の奮戦心から感謝する
だが、明日は敵も更なる
攻めに出てくると思われる

故に・・・

故にこのまま
士気を下げず
一層奮戦すべし

以上

一同
!?



亜光兵
何っ、以上だと!
将交代の話は・・・
ホン様を将に据える話はどうなった

伝令
わっ、わかりません。
オウセン様はそれ以上は何も



オウホン
騒ぐな
現状のままで戦え
というのが
総大将の命令だ
右翼は従うまでだ
各自本陣に戻り
明日の戦略を考えろ

亜光兵
そ、そんなバカな・・・
何をお考えなのだ
オウセン様は・・



帰り道 信とテンが話している

テン
本当、何を考えているんだ
オウセン将軍は


テン、やっぱちょっとおかしいよな
オウセン将軍の今回のは



テン
あぁおかしすぎる
左翼はあっさりモウテンに代えといて
こっちは代えないなんて
ムカつく奴だけど
正直、オウホンの才は
モウテンと同等か
それ以上だ
しかもオウホンは今
亜光軍全兵から望まれている
誰がどう考えたって
オウホンを右翼の将に
据えた方がいいに決まってる



テン
オウセン将軍は
本当に右を
重要視してないのかもしれない
でもだとしたら
大バカだ


わりぃ、ちょっと小便




(そういや、、、前から変だ。あの二人)
(モウテンとモウブが相性悪いのは何となくわかるが・・・)
(だがオウセンとオウホンは何か、それとは全く違う感じがする)

よくわかねぇが
そんなんで今
おかしな感じになってんなら
何とかしろって
直接あいつに・・・



信が歩いていく先で
番陽と関常が話している

関常
さすがに
此度の采配は
理屈に合わぬ・・・
やはりこれは
ただの父子の確執ではない

番陽
言うな、関常・・・



関常
ここまでくると
一部だけ
噂されていることが
無視できなく
なってくるぞ
ホン様も自分で
疑われていることに
きづいている節もある

番陽
やめろ関常



関常
オウセン様は
今でも
ホン様が
自分の本当の子でないと
疑っている・・・

番陽
関常!!


え!?



煽り
不可解なほど降りない
将交代の指令。
オウセンに向けられる
疑惑の目。
その理由とは一体・・・



キングダム ネタバレ 576

朱海平原 秦右軍

届かない指示。
先の見えない10日目の戦い



飛信隊・玉鳳 入り乱れ
秦対趙の乱戦が続いていた。

趙左軍

馬南慈
我々が無理に出る必要はない。
もはや、秦の兵糧が切れるのを待つのみだ。

尭雲
亜光の生死は不明だが
今日のチグハグの戦いを見る限り
秦右軍は、それぞれ中隊で動いていて
何の連携も見られない。

趙我龍
兵糧が尽きるのが先か
はたまた全滅が先か・・・



場面が変わる飛信隊

テン
攻めては来るが、それほど強い攻めではない。
趙軍は、完全に消耗戦に切り替えて来たな。
こちらには、もう余裕がない。。。
どうする。。。


敵が攻めてくる以上、
戦うしかないが、
秦軍は、空腹と疲労感が漂っている・・・



信が叫ぶ!
まだだ!飛信隊の力を見せてやれ!
今夜こそ、たっぶり飯を喰わせてやる!
戦え!

飛信隊兵
隊長、本当だろうな!
いくぞー!



テン
しかたない。
あぁ、でも言わなければ
今日で終わってしまう。

信・テン
オウセン将軍の指令はまだが・・・



コメント大募集