2018年3月

キングダム ネタバレ 552 3/22発売

キングダム ネタバレ 552 ヨウタンワの前に集まる山の民の族長たち。 ヨウタンワが話を始める。 厳しい戦いをさせてすまない。 しかし、明日で終わりだ。 明日は、早朝から全軍で進撃し、趙軍を打ち倒す! そして、夜は祝杯を上げるぞ! 我々に策など必要ない。 明朝、日が昇ると同時に総攻撃をかける。 よろしく頼むぞ! 族長達は、気合いの入った顔で帰っていく。 フィゴ王 いつものことだが… 大丈夫か… ヨウタンワ わかっている。 バジオウが、チタの族長だけ連れてくる。 ヨウタンワ チタ族は、私の隊と一緒に地下から攻めてもらう。 チタ族の族長 2日目から、地下道を調べ上げすべて把握しております。まずは敵の城内に入り、本陣から崩しましょう。 ヨウタンワ フィゴ王よ。私は地下道から突撃する。 正面の戦いは、任せたぞ。 フィゴ王 ふつ、さすがに恐ろしいことを考える。 裏をかかれ燃やされた兵糧。 それに使われた地下道を逆に利用するとは… こちらは任せておけ。明日は、あいつらを血祭りだ。

キングダム ネタバレ 551 3/15発売

キングダム ネタバレ 551 場面はカンヨウ。 オウセンの伝者が、昌平君に手紙を渡す。 昌平君が、読み始める。 業は、落とせなかった。 驚く一同。なんと! さらに側近の摩光を失った。 文官 あの摩光将軍が… 続きを読み始める。 兵糧がもたなかった。 兵糧を繋ぐため、5日後にアツヨを攻めはじめる。 秦側からもアツヨを攻め、挟み撃ちでアツヨを落とせるようにしてほしい。 そして。兵糧を繋ぎ趙を落とす。 各戦場、膠着状態となったため、 アツヨ制圧には、私が向かうので、よろしく頼む。 手紙を読み終え、文官たち。 もう動ける軍はありません。 トウ将軍に応援を頼みましょうか? モウブ将軍は? 昌平君の回想。 オウセンが発つ前に二人で話した。 オウセン「もしもの時は、お主に助けを乞う。ほぼすべての軍は出払っているため、だれも助けに来れないであろう。そのときのために可能な限り、兵を集めておいてほしい。」 昌平君「わたしもそう思っていた。この戦を勝たねば何も始まらない。秦の総力を結集して趙を倒そう。」 立ち上がる昌平君。私が行こう! 政 よろしく頼む。 昌文君、兵糧の手配もよろしく頼むぞ! キングダム ネ […]

キングダム ネタバレ 550 3/8発売

キングダム ネタバレ 550 朱海平原の戦い3日目を終えた。 趙軍が数的に優位に始まったが3日目を終えて、その差は、ほぼなくなった。 趙右軍 3万→1万 秦左軍 2万5千→2万 初日で摩光が討たれたもののモウテンの覚醒により、2日目に続き。3日目は大いに趙軍を削り、キスイ・バテイを中心としたリガンの兵だけが多く残っている。 次に中央。 趙中央軍6万→5万 秦中央軍5万8千→3万 中央からは、それぞれ左右に援軍を送り数を減らした。 そして、3日目激しい戦いを繰り広げた秦右軍。 趙左軍4万→2万 秦右軍3万3千→2万8千 尭雲軍と飛信隊の戦いは、どちらも多くの兵士を失ったように思えたが、1万から3千と兵を減らした尭雲軍に対し、飛信隊は、8千→6千と被害をおさえることができた。 キョウカイの覚悟が飛信隊を大いに助けた。 趙12万と秦8万8千で始まった戦いは3日目を終えて 趙8万 秦7万8千 3万2千の差が2千まで縮まった。 キングダム ネタバレ 550 3日目の夜 信は、疲れ果て寝ている。 キョウカイもうたた寝をしている。もうお腹いっぱい・・・と寝言。 テンは、今日の失態を反省し明日の作戦を […]

キングダム ネタバレ 549 3/1発売

キングダム ネタバレ 549 信 VS 尭雲 場面が変わる。 激しい打ち合いが続いている。 徐々に尭雲が押し始める。 必死に食らいつく信。 矛と矛が激しくぶつかり合う。 一度。二度。次の瞬間、尭雲の矛が折れる。 バカな… 追い打ちをかける信。 しかし、素早く剣を抜き、信の攻撃を交わすと距離を置く尭雲。 今日はここまでだ。お前の強さはわかった。 だが、明日は必ず討ち取るぞ。 信「逃がすか!」 しかし、追うことをやめて、大炎の方を見る。 あっちも危ないな。 「次こそ絶対ぶっ倒してやるからな!」 引いていく堯雲に叫ぶ。 そして、キョウカイの元へ駆け寄っていく。 大炎に飛び込み、趙軍を蹴散らす信。 キョウカイ「堯雲は討ち取ったのか?」 信「いや、逃げられた。それより、ここを片付けるぞ。」 信とキョウカイが並んで、趙軍を打倒していく。 またたくまに趙軍を押し戻していく。 本陣に戻った、堯雲は、全軍撤退の指示を出し 趙軍は、徐々に引いていった。 そして、朱海平原3日目を終えた。 キングダム ネタバレ 549 三日目の夜 信、キョウカイ、テンの3人が話している。 信 明日は必ず尭雲を討つ。 キョウカ […]