【本バレ】キングダム ネタバレ 569 8/23発売

【本バレ】キングダム ネタバレ 569 8/23発売

本バレ キングダム ネタバレ 569

煽り
犬戎軍の猛追を受ける中、手負いの楊端和を抱え
大渓谷へ跳躍するバジオウだが!



バジオウが楊端和を抱え飛んでいる!

犬戎
なっ!なにぃ!

バジオウが、対面の崖に着地する!

犬戎
届いただと!対崖に!
いけ!お前らも飛べ!
いや、まて。
あんなところに落下して二人とも無事なわけがない。
ふつうに考えて死ぬぞ。



いやぁ!二人ともかろうじて動いているぞ!
化け物か二人とも!

追うぞ!すぐ東に橋がかかっている。
もう笛は鳴らすな!猿共が集まってくる



対崖の端和とバジオウ。
二人並んで横になっている。

端和
敵に追い詰められて二人きりになるのは
ずいぶんと久しぶりだな・・・

意識が飛んでいるバジオウ

バジオウ
・・・ドン族との戦いのとき以来かと。

端和
ずっと綱渡りみたいなものだ。
だが、今まで戦った中で
一人の戦士として一番手強いと感じたのは
バジオウお前だった

バジオウ
あれは私ではありません

端和
そうか、そうだな。
あれは人ではなかったからな。

バジオウ
それは言わないでください。



そこに犬戎が迫ってくる。
囲まれてしまった二人。

犬戎
バジオウは殺せ。
端和は気絶するまで殴打しろ。



場面が変わる

ロゾ・瞬水樹
サハ渓谷を飛んだだと。
あいつらは人か?
それで逃がしてはいないだろうな。

犬戎
はっ。ガン族が橋を渡り行方をつかんだと。
今頃、捕らえていると思われます。



場面が変わる。

バジオウと端和が犬戎を切り裂いている。

犬戎
こいつらどこにこのような力が。。
サハ渓谷を飛んだのだぞ。
しかし、いまさら何を見ても驚かぬわ

笛を使わず仲間を集めた。
数は、十分。
二人でいくらでも殺すがよい。

バジオウが次第に詰められていく。

端和
バジオウ!!

次の瞬間、端和が犬戎に膝蹴りを食らう。
気絶する端和。
犬戎に担がれ連れて行かれる。

バジオウ
・・・守らねば・・・



バジオウの回想
幼いバジオウと端和が戦っている。
端和がバジオウをなぎ倒す。

端和
言葉をしゃべれ!
お前がこのままでいるのならこの場で殺す!

人に戻るのなら
お前を家族として迎え入れる。

バジオウ
初めて恐怖を感じた。
そして初めて・・・

回想終わり



再び、バジオウが立ち上がり
犬戎を切り裂く

バジオウ
誓ったのだ。あの時。
いかなる刃からもこの人を
命に代えても守り抜くと



場面が変わる

続々と集まっている山の民

族長
空も少し明るくなってきた。
日の出までに結集の地に急がねば。

山の民
山の王の元へ急ぎましょう!
しかし、今どこにいるのだ!

族長
楊端和の元ではない。
楊端和に告げられた再結集の地は
犬戎の城だ!

山の民
えっ!?



場面が変わる。猿手族

エンポじぃ
マンタンワめ。
あ奴が昔からよく使う手だが、必ず皆がひっかかる。
山界一ズル賢い女じゃ。
そしてさらに、人使いの荒さも山界一よ

大軍が出たと言っても中は無人ではないぞ。
まー仕方ないか。
じじぃになっても男の性よ。
あとでマンタンワにいっぱいほめてもらうために

エンポじぃが叫ぶ
壁を走る者!猿手族の力を見せてやるかの。

猿手族
族長が来たぞ!道を開けろ



煽り
逆襲への道を駆け上がる!

キングダム ネタバレ 569

崖から飛び降りた二人!
その行方は!



飛び込んだのは渓谷。
飛び込んだ先には水が溜まっており
命は助かった二人。

犬戎は飛び込んでこない。

端和を担ぎ
再び走り出すバジオウ。

その先は…



キングダム ネタバレ 集結場所

フィゴ王ダント。

フィゴ族も、そもそも山民族。
この地に布陣してから崖に要塞を築いていた。

犬戎の追手から逃れた山の民は、
続々とフィゴ族の要塞に集まってきた。

そこに、バジオウと端和が戻ってくる。

端和様!端和様!

歓声が上がる要塞。

そこに壁とキタリも合流。

そして、そこに猿手族もやってくる。
その後ろには、数千の民。

9日目の闇夜に紛れ
犬戎の人質を強奪してきたのだ。

犬戎の人質は、犬戎の城から少し離れたところに
捕らわれており、この戦に多くの兵士が狩りだされたため
手薄になってしまい、猿手族に簡単に落とされてしまったのであった。



キングダム ネタバレ 猿手族

~回想~

端和
エンポじぃ、頼みがある。

エンポじぃ
断る!

端和
捕らえた犬戎の話によると
家族を人質として捕えられているようだ。
その人質を強奪し、開放することで
犬戎の兵をこちらに取り込むのだ。

犬戎と趙軍の結びつきは、決して固いものではない。
そこに付け込むのだ。

エンポじぃ。
そう、うまくいくかの・・・
しかし、人質を強奪するぐらいなら容易い。
やってみせよう。

端和
頼むぞ。

~回想おわり~



キングダム ネタバレ ロゾ時代の終焉

端和を取り逃がした
ロゾと舜水樹は、城に引き上げてきた。

そして、夜のうちに人質を強奪されたことを知る。

さらに猿手族の半数は、犬戎の軍に潜伏しており、
人質を強奪された今、ロゾ一族を抹殺する
絶好の機会であることを犬戎に広めて回る。

そもそも恐怖での統括に怯えていた
多くの犬戎は、いとも簡単にクーデターを起こした。

まずは、ブネンの軍が
将のブネンを討つ。

そのクーデターは、わずか数時間のうちに
犬戎に広まりロゾは、その側近により抹殺された。



これを知った舜水樹
恐れていたことがこのタイミングで起きてしまうとは・・・
山の王が、このような大胆な策を講じてくるとは驚いた。

舜水樹と趙軍は、致し方なく李牧の元へ引き上げていった。

リョウヨウ10日目。
こうして楊端和は、城を落とし
残る犬戎軍の大半を取り込むことに成功した。



キングダム ネタバレ 朱海平原右軍

場面は朱海平原に戻る。

朱海平原 右軍

横から亜光軍が突撃し、趙軍を分断した。

横撃に、馬南慈と尭雲も飲み込まれたが
ギリギリで抜け出し追いかけてきた。

追いかけて来た趙両将に対し、
それが、わかっていたかのように
立ちはだかるオウホンと亜花錦。



亜光の様子を見ている番陽。

番陽
若、信じておりますぞ!
グネイ様のカタキをどうか!



オウホン対尭雲

亜花錦対馬南慈

2つの一騎打ちが始まった!

キングダム ネタバレ 朱海平原 秦左軍

激しい戦いを続ける右軍に対し左軍は膠着状態が続いていた。

そして、9日目。

本陣からの伝者が、モウテンの元にやってくる。
準備ができていれば、攻め上がれとの指示です。

モウテンは、膠着状態であったが、キスイ軍攻略のために準備を進めていた。

9日目右軍で戦いが始まったとき、左軍でも戦いが始まっていた。



まずは、バテイを狙う。

挑発に乗り、攻めてくるバテイを罠にはめ、討ち取る。

バテイを失ったキスイ軍は、防戦一方になる。

麻光を失ったものの麻光軍の士気は高く、
得意とする波状攻撃が決まり、キスイ軍に攻め込んでいく。

横から楽華隊が切り込み、キスイ軍を追い詰める。

死を覚悟し、戦いを挑もうとするキスイだが
配下の者の「離眼の民を守るのが務め」という言葉に応じ退却する。

朱海平原左軍の戦いは、モウテンに軍配が上がった。

キングダム ネタバレ オウセン

9日目の激戦を終えた夜。
趙兵が、顔色を変えて李朴のもとへやってきた。



アツヨが秦により落とされました!

李朴
まさか、、、いったいどの軍ですか?

趙兵
オウセンです

李朴
まさか。これほど監視する兵を散りばめているのになぜ・・・

オウセンは、飛信隊に右軍への援軍を指示した後、
兵5千を率いてアツヨへ向かった。

趙兵の目に触れぬよう、大きく右へ迂回し朱海平原の左上に位置するアツヨを北東から攻めた。
主力が出払っているアツヨは、オウセンによりあっという間に陥落した。



そこに、カンヨウから兵糧が運ばれてくる。
昌平君の指示で、昌文君が運んできたのだった。

昌文君
本当にアツヨにいるとは・・・

オウセンと昌平君は、咸陽を出るときに話した。

オウセンは、師 コチョウの落とせなかったアツヨを落としたい。

その話を聞いていた、昌平君は、オウセンがアツヨを攻め落とすだろうと予測し兵糧を運んだのだった。

そこに、近くにいた謄将軍もアツヨに合流し攻めてくる趙軍に備えていた。



李朴
秦は、アツヨを拠点として兵糧をつなぐつもりでしょう。
すぐにアツヨを取り戻しに行きましょう。
ギョウウン。朱海平原は、任せてもよいですか。

ギョウウン
かしこまりました。
飛信隊をはじめ、秦の残党は、きっちり片付けておきます。

李朴は、兵2万を引き連れてアツヨ奪還に向かった。

キングダム ネタバレ 桓騎

変わらず趙軍は攻めてこない。



マロン
今日も何も変わらず、兵糧が減っただけでしたね。。

桓騎
あぁ。

マロン
本当に大丈夫なんでしょうか。。。

桓騎
お前の猶予まで、あと1日だな。
オウセンの状況がわからないが、そろそろ動きがあるはずだ。
いつでも動けるように全員に指示を出しておけ。

マロン
動くとは、どこへ向かって・・・

→コメントを書く