キングダム 史実 始皇帝

キングダム 史実 始皇帝

キングダム 史実 始皇帝

始皇帝(紀元前259年-紀元前210年)は、中国の初めての皇帝。
秦王(在位紀元前246年-紀元前221年)。

姓は嬴(えい)、氏は趙(ちょう)、諱は政(せい)。
中国では、秦始皇帝、または秦始皇と呼ばれている。

紀元前221年に史上初の中華統一を成し遂げ最初の皇帝となる。
紀元前210年に49歳で死去するまで君臨。

中華統一を成し遂げた後に「始皇帝」と名乗る。歴史上の重要な人物であり、約2000年に及ぶ中国皇帝の先駆者である。
統一後、始皇帝は、重臣の李斯(りし)とともに主要経済活動や政治改革を実行。

従来の配下の一族等に領地を与えて世襲される封建制度から、中央が選任・派遣する官僚が治める郡県制への全国的な転換(中央集権)を行い、国家単位での貨幣や計量単位の統一、交通規則の制定などを行った。

しかし、万里の長城の建設や、等身大の兵馬俑で知られる秦始皇帝陵の建設などを、多くの人民に犠牲を払わせつつ行った。
また、法による統治を敷き、焚書坑儒を実行したことでも知られている。

→コメントを書く