月別:2018年4月

【本バレ】キングダム ネタバレ 556 4/26発売

本バレ キングダム 556 膠着状態を脱すべく、秦軍9日目! 飛信隊が狙う趙将ガクエイには忘れられぬ秘めた思いが! ガクエイの回想 黒洋で討たれた慶舎のことを思い返し 怒りが込み上げてくる。 ガクエイ隊VS飛信隊 玉鳳は、後ろに待機。 亜光軍に対し、馬南慈、尭雲、趙我龍の三軍が一気に攻めてくる。 趙軍は、一気に亜光を、討ちにきた。 怒りに狂うガクエイが、先陣を切り飛信隊に突撃してくる! そして、亜光の運命は? 随時更新します! キングダム ネタバレ 556 朱海平原 右軍 9日目 超軍の配置 馬南慈 尭雲 趙我龍 ガクエイ 秦軍の配置   亜光   玉鳳隊 飛信隊 配置に着くと同時に玉鳳隊が駆け出す。 信 あいつら、いきなり出やがった! 飛信隊も続け!ガクエイを必ず討ち取るぞ! 飛信隊も続いて突撃する。 ガクエイ隊と正面でぶつかり、玉鳳・飛信隊が切り込んでいく。 凄まじい勢いでガクエイ隊を打ち倒していく。 オウホン 何かおかしい。罠か・・・ テン 趙軍は、簡単に入られすぎだ。。 キョウカイ この先、何かあるな。。。 信、罠だ。気をつけろ! 信 うりゃぁー!ガクエイ出て来い!! ガクエイ […]

【本バレ】キングダム ネタバレ 555 4/19発売

キングダム ネタバレ 555 本バレ ~ギョウ~ 開戦9日目。 ギョウを取り囲み、趙の討伐隊を待ち受ける桓騎軍だが、一向に宣戦の気配はなく・・・ 業の周りに立っている、桓騎軍。 マロンが桓騎に話しかける。 今日はついに四方全ての趙軍が停止。 趙軍は私たちを包囲だけして沈黙。 つまり、決定的です。ギョウの食料は、我々の兵糧よりも多い! ギョウ場内 ちゃんと並べ!少ないが全員分ある! 足りないよ・・・我慢しなさい!! マロン 雷土さんではありませんが、オウセン軍、楊端和軍から何か連絡は? 桓騎 くるわけねぇだろ。奴らが送ってても途中で趙にぶっ殺されてる。 マロン ということは、私たち桓騎軍が生き永らえる道は、どちらかの軍が相手に勝利し、どこからか大量の兵糧を奪い携えて、ここへ届ける以外に無いと・・・ 桓騎 ・・・ マロン お頭。一つだけ約束して頂けませんか? 兵糧が残り1日分になった時点で、ギョウの包囲を解いて、さっさと退散すると 桓騎 フッ、ああ、マジでそうなったならな ~朱海平原~ 尾兵 ウォオオオオオ!!! ダメだ!俺の挑発でも奴ら全く攻めて来ねぇ。 飛信隊 えっ、いまの挑発していた […]

【本バレ】キングダム ネタバレ 554 4/12発売

キングダム ネタバレ 554 本バレ 兵糧が残り3日を切り、総攻撃を仕掛ける楊端和軍! しかし、その前に予想を上回る敵軍が表れて… 壁軍 敵の数が、二万を越えております! さらに物見の報告では、フィゴ軍、バジオウ軍の敵も倍増しているとのことです。 壁 まさか、よりによって今日増軍してくるとは… いや、まさか、こちらの3将狙いが読まれていたのか… カタリ 壁将軍。敵は我々の攻撃を読んで逆に潰しに来た。 貴殿方の兵ではあの敵の攻撃に耐えられない。 我々が立ち向かう故に、一度後方に退かれよ。 壁兵 え、前列と後列を入れ替えると… 壁 くっ、カタリ殿。 お心遣い感謝する。 しかし、無用な申し出だ。 私は、端和殿と約束したのだ! (男を魅せると!) 壁 壁軍歩兵前進! 今日こそ我らの力を見せしめるのだ! 壁兵 オォー! ブネン兵 秦軍が攻めてきました! ブネン 山猿以上のバカどもだな。 騎馬をぶちこんでやれ。 壁兵 騎馬が突っ込んでくるぞ! へ、壁さまー! 壁 うろたえるな! いつも通り、構えよ。 この8日間で敵の動きにはなれた。 ならば、我々の力を発揮できるはずた! 基本戦術! 突っ込んでくる […]

【本バレ】キングダム ネタバレ 553 4/5発売

本バレ キングダムネタバレ553 兵糧のリミットが迫る楊端和軍の天幕。 自責の念に駆られる壁は、端和に覚悟を伝えるが… どうか、明日の三軍の一角を私の軍にお任せください! もう、2度とあなたを失望させるようなことはいたしません! 端和 いいだろう! それでは明日の主攻を一部入れ替える メラ族に替えて壁軍。 ただし、もう、失敗は許されぬぞ。 壁将軍。 壁 ありがとうございます! メラ族のキタリ (ふざけるなー) 翌朝、戦場に向かう壁軍。 壁 全軍揃っているか? 壁兵 はい。すぐ、そこに。 壁 付き従うという山の族もか? 壁兵 それはわかりません。 壁 何… 壁兵 それよりも…また、メラ族の二人が… メラ族 壁将軍!改めて… メラ族族長のカタリと副長のキタリ。 我々メラ族を含め、12の族5000は、 楊端和の指示通りあなたに従い戦う! 「ヘキショウグン」 「ヘキショウグン」 すでに山の民の高潮に達しており、それに驚く壁。 なぜ、私の名を知っているのだ? キタリ ワタシが名前だけ教えた。 お前らは勘違いしている。我々は、お前らが思っているより、お前らのことが好きだ。 だから、山を出てこんなと […]